トップ > 映像・放送 > NHK大河ドラマフィルモグラフィー > 武蔵

放送期間:平成15年 1月 5日〜12月 7日(全49回) 放送時間:日曜 後 8:00〜 8:45

原作:吉川英治「宮本武蔵」 脚本:鎌田敏夫 音楽:エンニオ・モリコーネ 制作統括:一井久司、古川法一郎

出演 市川新之助(宮本武蔵)、堤真一(本位田又八)、米倉涼子(お通)、内山理名(朱実)、
かたせ梨乃(お甲)、高嶋政伸(柳生兵庫助)、阿部寛(祗園藤次)、仲間由紀恵(八重/琴)、
松岡昌宏(佐々木小次郎)、宮沢りえ(お篠)、和久井映見(りん)、寺島しのぶ(亜矢)、
江守徹(あかね屋絃三)、宇津井健(児島備前)、寺田農(岩間角兵衛)、中井貴一(柳生宗矩)、
中村玉緒(お杉)、渡瀬恒彦(沢庵)、藤田まこと(柳生雪舟斎)、語り 橋爪功

DVD ブルーレイ 未商品化



No.放送日サブタイトル放送時間演出
1 '03/01/05 第一回 俺は強い! 後 8:00〜 9:00 尾崎充信
2 01/12 第二回 お前を守る!   尾崎充信
3 01/19 第三回 弱さを知れ!   尾崎充信
4 01/26 第四回 倒してみせる!   木村隆文
5 02/02 第五回 一から出直せ!   木村隆文
6 02/09 第六回 決闘!般若坂(はんにゃざか)   尾崎充信
7 02/16 第七回 秘剣!燕返し   尾崎充信
8 02/23 第八回 いざ!柳生の剣   木村隆文
9 03/02 第九回 おのれを知れ!   木村隆文
10 03/09 第十回 宮本武蔵参上!   野田雄介
11 03/16 第十一回 修羅の道へ!   野田雄介
12 03/23 第十二回 俺は死なない!   尾崎充信
13 03/30 第十三回 一乗寺の決闘!   尾崎充信
14 04/06 第十四回 美は美なり!   尾崎充信
15 04/13 第十五回 響け!笛の音 後 7:15〜 8:00 木村隆文
16 04/20 第十六回 伊達の刺客!   木村隆文
17 04/27 第十七回 おのれの道!   尾崎充信
18 05/04 第十八回 女心 揺れる!   梛川善郎
19 05/11 第十九回 風雲の江戸!   梛川善郎
20 05/18 第二十回 家康暗殺!   尾崎充信
21 05/25 第二十一回 必殺の鎖鎌!   尾崎充信
22 06/01 第二十二回 対決!宍戸梅軒   木村隆文
23 06/08 第二十三回 夫の仇(かたき)!   木村隆文
24 06/15 第二十四回 蘇る!戦いの日々   尾崎充信
25 06/22 第二十五回 お通の涙   後藤高久
26 06/29 第二十六回 柳生の誘い   後藤高久
27 07/06 第二十七回 再会!武蔵とお通   尾崎充信
28 07/13 第二十八回 つかのまの愛   木村隆文
29 07/20 第二十九回 小次郎動く!   尾崎充信
30 07/27 第三十回 石舟斎の遺訓   野田雄介
31 08/03 第三十一回 お通、いずこに   木村隆文
32 08/10 第三十二回 武蔵の決意   櫻井賢
33 08/17 第三十三回 父との再会   野田雄介
34 08/24 第三十四回 対決!夢想流   尾崎充信
35 08/31 第三十五回 武蔵 小倉へ!   木村隆文
36 09/07 第三十六回 武蔵と小次郎   木村隆文
37 09/14 第三十七回 巌流島への道   尾崎充信
38 09/21 第三十八回 決闘!巌流島   尾崎充信
39 09/28 第三十九回 武蔵帰還   木村隆文
40 10/05 第四十回 信じる心   大原拓
41 10/12 第四十一回 又八 危うし!   梛川善郎
42 10/19 第四十二回 武蔵と幸村   尾崎充信
43 10/26 第四十三回 武蔵村の危機   梛川善郎
44 11/02 第四十四回 お杉逝く!   尾崎充信
45 11/09 第四十五回 冬の陣開戦! 後 7:15〜 8:00 梛川善郎
46 11/16 第四十六回 宿敵!柳生宗矩   大原拓
47 11/23 第四十七回 涙の別離(わかれ)   櫻井賢
48 11/30 第四十八回 柳生を倒せ!   木村隆文
49 12/07 最終回 武蔵よ永遠(とわ)に! 後 8:00〜 9:00 尾崎充信
    総集編(全2回)    
1 '03/12/28 第一部 俺は強い!
(本編:No. 1〜36)
後 7:20〜 8:45 尾崎充信
木村隆文
後藤高久
野田雄介
2 12/28 第二部 決闘!巌流島
(本編:No.37〜49)
後 9:00〜10:25 尾崎充信
木村隆文
梛川善郎
櫻井賢
大原拓


時代背景

平安 鎌倉 南北朝 室町 戦国 江戸 明治 大正 昭和
     
  慶長 5(1600)年〜正保 2(1645)年  


解説

国民的文学として今も読み継がれる吉川英治の『宮本武蔵』をもとに、鎌田敏夫がエンターテインメント性豊かに脚色。同著はこれまでに何度となく映画やテレビでドラマ化されたが、本作では佐々木小次郎と剣を交える巌流島の決闘をヤマ場として、その後に起こる大坂の陣までを描く。また、主人公武蔵は無敵の剣豪でも剣禅一如の求道者でもなく、移ろう時代の中で必死に自分の生き方を模索する一個の青年として捉えられていた点も本作の大きな特徴だ。こうした基本コンセプトに市川新之助の起用は成功だったといえよう。壮大な歴史劇をつづるという大河らしさは薄れたものの、ドラマとしての完成度は高い。エンニオ・モリコーネの音楽も効果的に使われ、ドラマの印象をより深いものにしていた。



利家とまつ NHK大河ドラマフィルモグラフィー 新選組!