トップ > 映像・放送 > NHK大河ドラマフィルモグラフィー > 北条時宗

放送期間:平成13年 1月 7日〜12月 9日(全49回) 放送時間:日曜 後 8:00〜 8:45

原作:高橋克彦「時宗」より 脚本:井上由美子 音楽:栗山和樹 制作統括:阿部康彦

出演 和泉元彌(北条時宗)、渡部篤郎(北条時輔)、渡辺謙(北条時頼)、浅野温子(涼子)、
柳葉敏郎(安達泰盛)、木村佳乃(桐子)、西田ひかる(祝子)、池畑慎之介(北条実時)、
ともさかりえ(祥子)、牧瀬里穂(梨子)、北村一輝(平頼綱)、吹越満(宗尊親王)、
バーサンジャブ(クビライ・カアン)、原田美枝子(桔梗)、伊東四朗(北条政村)、藤竜也(佐志房)、
奥田瑛二(日蓮)、富司純子(松下禅尼)、北大路欣也(謝国明)、語り 十朱幸代(覚山尼)

DVD 総集編のみ 販売:NHKエンタープライズ



No.放送日サブタイトル放送時間演出
1 '01/01/07 第1回 鎌倉大激震 後 8:00〜 9:00 吉村芳之
2 01/14 第2回 ふたりの母   吉村芳之
3 01/21 第3回 兄弟落差   吉村芳之
4 01/28 第4回 反抗   吉村芳之
5 02/04 第5回 波乱の旅   吉川邦夫
6 02/11 第6回 博多恋心   吉川邦夫
7 02/18 第7回 執権修業   吉川邦夫
8 02/25 第8回 逃げた花嫁   吉村芳之
9 03/04 第9回 決闘由比ヶ浜   吉村芳之
10 03/11 第10回 ひとり立ち   吉村芳之
11 03/18 第11回 時頼絶命   吉川邦夫
12 03/25 第12回 暗殺   吉川邦夫
13 04/01 第13回 大いなる岐路   吉村芳之
14 04/08 第14回 兄の追放   吉村芳之
15 04/15 第15回 母上ご乱心   渡邊良雄
16 04/22 第16回 将軍すげ替え   渡邊良雄
17 04/29 第17回 クビライの影   吉川邦夫
18 05/06 第18回 国書来(きた)る   吉川邦夫
19 05/13 第19回 戦か属国か   城谷厚司
20 05/20 第20回 十八歳の執権   城谷厚司
21 05/27 第21回 初陣(ういじん)   吉川邦夫
22 06/03 第22回 京の闇   吉村芳之
23 06/10 第23回 人質   吉田浩樹
24 06/17 第24回 高麗(こうらい)からの文   吉村芳之
25 06/24 第25回 最後通告   城谷厚司
26 07/01 第26回 兄弟の絆(きずな)   吉田浩樹
27 07/08 第27回 ご謀反(むほん)許さず   吉村芳之
28 07/15 第28回 あの兄を討て!   吉村芳之
29 07/22 第29回 さらば兄上   吉村芳之
30 07/29 第30回 長老死す 後 7:15〜 8:00 城谷厚司
31 08/05 第31回 出撃命令   城谷厚司
32 08/12 第32回 いざ博多へ!   真鍋斎
33 08/19 第33回 蒙古襲来前夜   真鍋斎
34 08/26 第34回 蒙古襲来@〜九百隻の大船団〜   吉村芳之
35 09/02 第35回 蒙古襲来A〜奮戦!水軍城〜   吉村芳之
36 09/09 第36回 蒙古襲来B〜博多炎上〜   真鍋斎
37 09/16 第37回 謎の撤兵   吉村芳之
38 09/23 第38回 攻めか守りか   城谷厚司
39 09/30 第39回 ねらわれた姫君   城谷厚司
40 10/07 第40回 消えた使節団   吉田浩樹
41 10/14 第41回 斬るべからず   吉村芳之
42 10/21 第42回 いのち尽きるとも   真鍋斎
43 10/28 第43回 幕府分裂   松浦善之助
44 11/04 第44回 妻のなみだ   勝田夏子
45 11/11 第45回 わが祖国   吉村芳之
46 11/18 第46回 クビライを討て!   吉村芳之
47 11/25 第47回 弘安の役   勝田夏子
48 12/02 第48回 運命の嵐   吉村芳之
49 12/09 最終回 永遠の旅 後 8:00〜 9:00 吉村芳之
    総集編(全2回)    
1 '01/12/16 前編 兄弟
(本編:No. 1〜21)
後 7:20〜 9:00 吉村芳之
吉川邦夫
渡邊良雄
城谷厚司
2 12/23 後編 蒙古襲来
(本編:No.22〜49)
後 7:20〜 9:00 吉村芳之
城谷厚司
真鍋斎
吉田浩樹
勝田夏子
松浦善之助


時代背景

平安 鎌倉 南北朝 室町 戦国 江戸 明治 大正 昭和
     
  宝治元(1247)年〜弘安 7(1284)年  


解説

シリーズ40作目となる本作は、鎌倉時代の蒙古襲来というこれまで大河に取り上げられることのなかった未開拓の時代を選定。主人公に鎌倉幕府八代執権・北条時宗を据え、内憂外患に突き動かされた十三世紀半ばの日本を描き出す。見所はなんといってもスケール感あふれる中国ロケや蒙古襲来のスペクタクルシーン。ドラマとしての構成も巧みで、多彩な登場人物たちによって繰り広げられる人間模様が見るものを釘付けにした。とりわけ渡部篤郎の熱演による北条時輔の悲劇などは、大河シリーズにおける一大収穫といっていいだろう。馴染みの薄い時代というハンデを抱え、広く一般の支持は得られなかったようだが、安易な話題性やキャスティングに頼ることのない制作者の気概には拍手を送りたい。



葵 徳川三代 NHK大河ドラマフィルモグラフィー 利家とまつ