26月 「ちびまる子ちゃん(11/4)」「D-64-ロクヨン- 前編」
27火 「D-64-ロクヨン- 前編」
28水 「D-64-ロクヨン- 前編」
29木 「D-64-ロクヨン- 後編」
30金 「D-64-ロクヨン- 後編」
 1土 「宇宙戦艦ヤマト2202(5)」「D-64-ロクヨン- 後編」「だれも見たことがない“ウルトラQ”」
 2日 「宇宙戦艦ヤマト2202(6)」「西郷どん(45)」

19月 「2010年」
20火 「2010年」
21水 「歴史秘話ヒストリア(11/21)」
22木 
23金 
24土 「山田洋次と語る“遙かなる山の呼び声”」「ちびまる子ちゃん(10/21)」
25日 「ちびまる子ちゃん(10/28)」「西郷どん(44)」

CIMG5413.jpg

11月11日(日):ラッカセイを引き抜いて、収穫。そこそこ量も採れ、食べてみればちゃんとしたピーナッツ。

CIMG5433.jpg

11月25日(日):ダイコンの葉っぱには小さな虫がたくさん。この日、サトイモ、ハクサイを収穫。

12月 「D-陰の季節」
13火 「D-陰の季節」
14水 「D-刑事の勲章」
15木 「D-刑事の勲章」
16金 「歴史秘話ヒストリア(11/14)」
17土 「クレヨンしんちゃん(11/9)」「プロフェッショナル 生きづらい、あなたへ 脚本家・坂元裕二」
18日 「西郷どん(43)」

 5月 「ちびまる子ちゃん(10/14)」「クレヨンしんちゃん(11/2)」「D-64 ロクヨン(1)」
 6火 「D-64 ロクヨン(2)」
 7水 「D-64 ロクヨン(3)」
 8木 「D-64 ロクヨン(4)」
 9金 「D-64 ロクヨン(5)」
10土 「宇宙戦艦ヤマト2202(4)」「歴史秘話ヒストリア(11/7)」
11日 「D-64 ロクヨン(特典映像)」「西郷どん(42)」

29月 「謝罪の王様」
30火 「謝罪の王様」
31水 「ミックス。」
 1木 「ミックス。」
 2金 「ミックス。」
 3土 「クレヨンしんちゃん(10/19)」「歴史秘話ヒストリア(10/31)」
 4日 「クレヨンしんちゃん(10/26)」「西郷どん(41)」

22月 「三度目の殺人」
23火 「三度目の殺人」
24水 「三度目の殺人」「宇宙戦艦ヤマト2202(2)」
25木 「歴史秘話ヒストリア(10/24)」
26金 「たけしのこれがホントのニッポン芸能史 ラジオの魅力を徹底解剖!」
27土 「宇宙戦艦ヤマト2202(3)」「たけしのこれがホントのニッポン芸能史 ラジオの魅力を徹底解剖!」
28日 「西郷どん(40)」

78年のテアトル東京、79年の新宿プラザ。それ以来、じつに40年ぶりの「2001年宇宙の旅」劇場体験である。奇しくも78年テアトル東京の公開初日は10月28日(観たのは11月8日)で、翌79年新宿プラザで自分が観たのも10月28日(公開は10月27日)だった。今にして思えばこの2館において70mmで観られたのはなんという幸運であったことか。

ということで、10月6日から14日にかけて国立映画アーカイブで上映された70mm版を今また何としても観たかったのだが、当日券を手に入れるのはかなり難しそうだったためそれはあきらめ、IMAX版をTOHOシネマズ新宿に観に行ってきた。正直、IMAXが何なのか、違いはよくわからなかったのだが。
でも、やはり「2001年―」は自分にとって唯一無二の映画。劇場で観るのは3度目。同じ映画を劇場で3度まで観た映画はこれをおいて他にはないし、テレビ地上波、BS、DVD等を含めると、少なくとも10回以上は観ているんじゃないだろうか。おそらくこの先何十年後か、また劇場で観たいと思うに違いない。

映画『2001年宇宙の旅』公式サイト
製作50周年記念 『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映 | 国立映画アーカイブ
「2001年宇宙の旅」日本公開記録

CIMG5306.jpg

10月6日(土):実のつかなくなったトマトを引き抜き片付ける。ナスもほとんど枯れてきている。

CIMG5321.jpg

10月20日(土):植え時を逸してしまったジャガイモだが、それでも芽が出てきた。あと1ヶ月でどれだけ育つか…。

日帰りバスツアー「世界遺産 富岡製糸場と重要文化財!碓氷峠めがね橋 紅葉の軽井沢・雲場池」に参加。紅葉には少し早いかと思ったが、山は早くも色づいていた。天気がいまひとつだったのが残念。

清瀬(8:40発)→高坂SA→富岡製糸場→おぎのや(昼食)→碓氷峠めがね橋→軽井沢・雲場池→横川SA→三芳PA→清瀬(19:30着)

ツアー料金:9,990円(昼食、おみやげ付き)

CIMG5349.jpg

富岡製糸場。群馬県出身者でいながら、初めて訪れる。世界遺産となって、平日でもまだまだ観光客が多いよう。

CIMG5370.jpg

めがね橋(碓氷第3橋梁)。このあたりまで来ると早くも山が色づき始めている。橋の上にも上がれ、そこからの景色も見事。

CIMG5397.jpg

軽井沢・雲場池。「軽井沢シンドローム」では”おみずばた”とルビが振ってあったっけ。ただの池なのに、この日、外国人観光客も多い。

月別 アーカイブ

ここから主宰者にメッセージを送ることができます。ご意見、お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

Twilog
Powered by Movable Type 6.3.2
Status Entry : 817
Comment : 3  Trackback : 0
Today:today  Yesterday:yesterday
Total : total count
ネットバンク 定期預金
インターネットバンキング

最近のコメント

アイテム

  • CIMG5433.jpg
  • CIMG5413.jpg
  • CIMG5321.jpg
  • CIMG5306.jpg
  • CIMG5397.jpg
  • CIMG5370.jpg
  • CIMG5349.jpg
  • CIMG5294.jpg
  • CIMG5292.jpg
  • CIMG5280.jpg