zenbackを導入する

| コメント(0) | トラックバック(0)

ソーシャルボタンの設置に加えて「zenback」を導入する。これによりPVの確実な向上が期待できるという。ただ、ページの読み込みに多少時間がかかってしまうのが難。

基本はzenbackに新規登録して、取得したコードを「ブログ記事」に貼り付ければいいのだが、MT5対応のプラグインがあるのでこれを利用する。
ポイントはプラグインのインストールが済んだところで、プラグインの設定から「zenbackキーを取得する」をクリック。zenbackキーが設定されたら「変更を保存」。あとはzenbackを表示したいテンプレートに、<$MTZenback$> タグを挿入し、テンプレートを保存するだけ。再構築を忘れずに。

「ブログ記事」
<$mt:Include module="トラックバック"$>
<$mt:Include module="コメント"$>
<$MTZenback$>

なおzenbackのカスタマイズは、zenbackのサイトにログインして行える。今回ソーシャルボタンは手作業で別の位置につけたので、zenbackから表示は外した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ta-kumi.net/mt/mt-tb.cgi/278

コメントする

          

月別 アーカイブ

ここから主宰者にメッセージを送ることができます。ご意見、お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

Twilog
Powered by Movable Type 6.3.2
Status Entry : 962
Comment : 3  Trackback : 0
Today:today  Yesterday:yesterday
Total : total count
ネットバンク 定期預金
インターネットバンキング