TSUTAYAのカード

| コメント(0) | トラックバック(0)

「TSUTAYA Wカード」が「Tカードプラス」になり、これまで無料だった年会費が今後は有料になるという知らせが届いた。年間の請求額が5万円以上ならば年会費は無料というが、自分の場合、メインのクレジットカードは別にあるし、そもそもこのカードはツタヤで入会費と毎年の更新料を無料にしたいがために作ったカードなので年間5万円はまず使わない。
どうしたものかネットで調べてみたものの、よさそうな解決策が見つからない。むしろ自分と同じようにこのことで困っている人、憤慨している人がやたらと多いことを知る。そうだろーなー。

そこで、行きつけのTSUTAYAの店舗に行って直接訊いてみた。すると、なかなかよい対応が得られたのでここにそれを記しておく。

一番の問題は、Tポイントの残。年会費が有料になるならその前にカードを解約してしまえばいいのだが、未使用のポイントはどうにか有効活用したい。

そこで、クレジット機能のないTカードを仮のカードとして新たに発行してもらう。これはカードの再発行という手続きになる。本来はカードを紛失した際などの措置で手数料が100円かかるらしいが、今回はそれも値引きで処理してもらえた。必要なものは身分証明書のみ。これでTポイントは新しく発行してもらった仮のカードに引き継がれ、あわてて使いきろうとしなくても大丈夫。
登録内容が反映されるまでには1日くらいかかるようだ。再発行してもらったTカードの内容がシステムに反映されたら、T-SITEの登録情報を変更しておく。
「登録情報の変更」から「Tカード番号の登録を変更 > 紛失等の理由で再発行した方」

こうしたところで、これまで持っていた「TSUTAYA Wカード」は解約すればいい。自分はNET station* APLUSに登録していたのでそこから手続きする。これはしごく簡単に済んだ。

解約したらすぐさま新規で「Tカードプラス」を申し込む。これもネットからだと面倒がない。お得なキャンペーンも度々やっているようだ。ただその際に、仮のカードとして発行してもらったTカードの番号で申し込むことを忘れずに。「Tカードを持っている」という入り口から申し込めばよい。
新規で申し込んだ「Tカードプラス」は年1回でもクレジット決済にすれば翌年の年会費が無料になる。5万円は使わないけど、少なくとも1回以上は使うはずなので、これで年会費が実質無料ということになる。

ちなみにTカードはやたらと種類が多く、また扱うクレジット会社にもアプラス、オリコ、ポケットカードの3社がある。この辺もまたややこしいところ。TSUTAYAの店舗やWebによっても扱いが違うようだ。

Tカードの種類
Tカードの選び方

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ta-kumi.net/mt/mt-tb.cgi/457

コメントする

          

月別 アーカイブ

ここから主宰者にメッセージを送ることができます。ご意見、お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

Twilog
Powered by Movable Type 6.3.2
Status Entry : 952
Comment : 3  Trackback : 0
Today:today  Yesterday:yesterday
Total : total count
ネットバンク 定期預金
インターネットバンキング