このブログについて

「おきざりにした悲しみは」とは

「おきざりにした悲しみは」は、吉田拓郎が1972年に発表した曲です。同曲において拓郎は「生きてゆくのは ああ みっともないさ~」と開口一番かましてきます。つらいとか苦しいではなく、"みっともない"なんです。詞は岡本おさみによるものですが、まさに達観。いつの頃からでしょう。ことあるごとにこのフレーズを口ずさんでしまう自分がいます。元気が出る、やる気がわくというわけではありませんが、「明日からも何とかやっていこう」という気持ちにさせてくれるのです。

さて、そんな曲のタイトルをそのまま拝借した当ブログは、2009年1月に開設。内容といえば主宰者の日々の雑感やメモを書き連ねていく、いわばどこにでもある備忘録的ブログです。訪れた人に役立つ情報を提供しようなんてことはまったく考えていません。拓郎さんとは何の関係もありませんし、ファンブログでもありません。タイトルにつられ勘違いしてきてしまった方にはホントごめんなさい。ただ、主宰者がファンであることは間違いないです。いずれ機会があれば拓郎についても語りましょう。

 

ブログ主宰者のこと

関口 武美(せきぐち・たけみ)

1961年、群馬県出身。手塚治虫のアシスタントを経て1984年に独立。児童雑誌や広告媒体で漫画やイラストを描くほか、ゲームなどエンターテインメント分野を中心とする雑誌や書籍の執筆を手がける。
その後、2001年に政府主導のもと全国規模で展開された「IT基礎技能講習(IT講習会)」への参画を機にOAインストラクターとして活動開始。現在はパソコン周辺のサポート業務とWeb制作をおもな生業としている。清瀬市在住。

これまでに手がけたおもな作品をこちらで紹介しています。

「与志田の貼雑帖」で使用していたタイトルアニメ

月別 アーカイブ

ここから主宰者にメッセージを送ることができます。ご意見、お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

Twilog
Powered by Movable Type 6.3.2
Status Entry : 735
Comment : 3  Trackback : 0
Today:today  Yesterday:yesterday
Total : total count
ネットバンク 定期預金
インターネットバンキング